FCR PRIMA T2 V

富士コンピューテッドラジオグラフィ CR-IR392V型の画像読取装置[CR-IR392VRU]
富士コンピューテッドラジオグラフィ CR-IR392V型の付属品の画像処理ユニット[CR-IR392VCL]

インバーター式レントゲン FK-1

最新のインバーター式高周波トランスを使用した定管電圧式で、高出力で安定したX線を出力します。これにより、短時間撮影を実現し、術者の被爆低減が図れます。

東芝 VPX-500A

コンパクトボディに、驚きのハイパワーを秘めたVPX-500A。
小型犬から大型犬まで多彩なニーズに柔軟に応えます。

東芝 VPX-500B

VPX-500Aの性能を備えつつ、多様なスペースにフレキシブルに対応できる分離型小動物専用X線装置です。
多様な使い方により、省スペースを実現しました。

東芝 VPX-40A

動物を動かすことなく天板スライドを可能にした、小動物専用X線装置。検査の迅速化だけでなく高画質向上をはじめ、大型犬も秒撮、新たな診断価値を実現します。

東芝 VPX-40B

VPX-40Aの性能を備えつつ、多様なスペースにフレキシブルに対応できる分離型小動物専用X線装置です。
多様な使い方により、省スペースを実現しました。

T&S T-MAX D3

T-MAX D3は、シンチレータの受像を高性能レンズとCCDカメラによってデジタルデータとして取り込み、撮像データをコンピュータ内にDICOM規格データにて記録するX 線撮像処理装置搭載のデジタルX 線受像装置です。

FUJIFILM DR CALNEO C

DRカセッテによる大幅な撮影の効率化。円滑なワークフローと、フリーポジショニングを実現
富士フイルムの独自技術を結集させた新方式間接変換FPD
1台でCALNEOとFCRの双方を制御「Console Advance」
画質制御を独自のデバイスレベルから実現

FUJIFILM FCR FCR CAPSULA-2 V

お手持ちのX線撮影装置でデジタル化
暗室不要で省スペース・コンパクト
常に安定・高画質画像
マウスやキーボード入力で簡単操作
完全ドライシステム。人やペットにやさしいクリーン環境

FUJIFILM FCR PRIMA V + V Station

オートモードでスピーディーに表示。デジタルならではの画像処理で正確な診断をサポート。撮影後、カセットを読取機に差し込むだけで、画像が自動でモニタに表示されるオート・ビューモードを採用。患者さんに説明したい部位の拡大表示や、診断目的に応じた画像処理が、ボタン1つで行えます。

1 / 212
Copyright(c) 2018 M&T Corporaition All Rights Reserved.