動物用血液凝固分析装置 WAKO COAG2V

特徴

img1_1

小型、軽量、持ち運びが簡単です。24時間スタンバイ、すぐ測定できます。見やすい画面、対話方式、操作が簡単です。試薬調製は不要、試薬のロスがありません。血漿はもちろんのこと全血の測定も可能です。1項目25μL、微量検体で測定できます。

測定原理

凝固検査を変えたのは、ドライヘマトロジー
測定原理は新たに開発されたドライヘマトロジーです。カード上に保持されたドライ試薬にサンプルが添付されると、磁場が自動的に切り換わり試薬中に含まれる磁性粒子を規則的に動かして、溶解しはじめた試薬とサンプルを攪拌します。進行する凝固の状態に伴い磁性粒子の動きが変化します。この磁性粒子の動きの変化を散乱光の変化量として捉え、凝固時間を求めます。

img1_2

主な仕様

原理 ドライヘマトロジー
測定法 粘稠&散乱光法
測定項目 PT,APTT,Fib,TB,HPT
測定検体 クエン酸加全血・血漿
サンプル量 25μL
測定チャンネル 1チャンネル
表示 液晶ディスプレイ(20桁×4行)
プリンター 20桁サーマルプリンタ
外部出力 RS232C(1200,2400,9600)
電源 AC100V±10V,50/60Hz,1.8A
寸法 235(W)×241(D)×106(H)mm
重量 3kg
Copyright(c) 2019 M&T Corporaition All Rights Reserved.